梅本佑利 Yuri Umemoto - Compresent Music (2018)

Compresent Music(共在する音楽)


「共在する音楽」とは「周囲と共在する美」である。


「意識的に聴かれることのない音楽」、「生活の中に溶け込む音楽」という思想は、エリック・サティの「家具の音楽」で見ることができる。このBGM的なサティの思想では、音楽と周囲の環境が完全に溶け合わない。


私は音楽を「川で泳ぐ魚」、「空を飛ぶ鳥」のようにしたかった。これらは自然界と共在する。

その関係は究極の美である。


私はまず、人工的に発生した身近な音の中に音を共在させることにした。

そして1番最初に思いついた素材が観客の拍手だった。

観客の拍手をひとつの楽器とし、その楽器は誰かに指示されることなく演奏を始める。習慣の中の無意識的な拍手は意識的な拍手と完全に共在する。

客席にいる演奏者は楽譜に書かれたリズムを叩きながら舞台に上がっていく。そこで初めて観客はこれが音楽だったことに気づくのである。