東京音楽大学付属高等学校 学校誌 現代音楽特集 Tokyo College of Music High School school magazine "a feature on Contemporary Music"

東京音楽大学付属高等学校の学校誌「VOICE」にて現代音楽特集の執筆、編集を行いました。

今回は現代音楽の重要性について若い音楽家に対しての訴え、作曲家、川島素晴先生のインタビューを掲載しました。

非常に面白い内容となったと思いますのでどうぞご覧ください。


I wrote and edited "a feature on Contemporary Music" at school magazine "VOICE" at Tokyo College of Music High School.

 

This time I posted a message to young musicians about "the importance of contemporary music", an interview with Motoharu Kawashima, a composer.

 

I think that it became very interesting contents, so please have a look.

ダウンロード
DOWNLOAD PDF
PDF [384.1KB]
現代音楽特集.pdf
PDFファイル 384.1 KB

特集 現代音楽

企画︰東京音楽大学付属高等学校 現代音楽部


若い音楽家と現代音楽の重要性について

■ 音楽は何故この世に存在し続けたか 


「音楽」というものは、昔から現代まで、その時代の作曲家と演奏家の関係によって発展し、進化してきた。


その時進行している音楽がその場で生まれ、そして演奏さ 

れることによって活性化され、音楽が存在し続けた。


しかし、現代の若者たちは現在進行している音楽への関心が薄れていく傾向にあります。それは「音楽は何故あり続ける事ができたのか」ということを人々が忘れてしまっているからなのです。


■ クラシック音楽界で現代音楽は避けて通れない


「若い頃に現代音楽を演奏することに慣れていなくて、ある程度成長し、国際コンクールで現代音楽の課題があることに動揺し、その時始めて現代音楽の重要性に気づく」というのはよくある話です。

しかしこれは、大人になるまでにクラシック音楽を少しも聴いてこなかった人が大人になって国際コンクールに挑戦するくらい無謀な事だと思います。


■ 音楽を殺さないために


現代音楽を聴き、演奏をする。現代音楽の話をする。これがどんなに重要なことか気づく事ができたその時こそ、「現代を生きる音楽家」となれると僕は思う。


ほんの少しでも現代音楽への関心を持っていれば、「音楽がその場で生まれ、その時代を生きる奏者と作曲家の関係によって聴衆に伝わり、音楽が活性化され、音楽が音楽で生き続ける」という本来のあり方で音楽が死なずにすみます。


ですから、音楽はこうやって進化し生き続けたというこのことをどうか忘れずにいてほしいと心から思います。


…そういえば、今日はちょうど 105 年前にストラヴィンスキーの「春の祭典」が初演された日であります。


今日ではクラシック音楽の"超名作"として皆が「名曲だ」と

言い、教科書にさえ登場しますが、初演時は、大怪我で警察も出動する大騒動となったことでも知られ、「あんな曲、良さがわからない」「新しい音楽には興味がない」と思っていた人が大勢いたようですが、「あなたはその人達と同じ思考ですか?」と僕は、現代の同世代の音楽家を志す同志に問いたい。

 2018 年 5 月 29 日 高校 1 年 梅本 佑利


作曲家 川島素晴先生 インタビュー

−「現代音楽の魅力とは?」

聴衆としては、何よりまず、未知の世界を体験できることです。作曲家ごとに異なる音楽観に接し、今生まれた表現と向き合って自由に解釈し、自分なりに思考を深めることができます。


演奏家としては、上記に加え、現存作曲家との協働ができること、即ち音楽が生まれる現場でその創造に関わることは、現代を生きる音楽家としてとりわけ重要です。それが日常に浸透するなら、必然的に、古典のレパートリーに向かう際にも、今は亡き作曲家との対話が自ずとできるようになります。

そして作曲家としては、あらゆる制約から解放され、自由に自己表現ができることです。自分にしか出せない音楽を見つけ、洗練させていく旅は、まさに生きる歓びです。

−「音楽家を志す付属高校生へのメッセージ」

人工知能があらゆる職を人類から奪う未来がまことしやかに語られています。確かに、音楽家の未来は決して明るくありませんし、作曲家を含む大半の音楽稼業は死滅するでしょう。しかしそれはどの業界も同じことで、音楽だけが袋小路なわけではありません。


これからの時代、最も大切なのは、自分にしかできない表現を見つけることです。とうの昔に AI が完勝している将棋ですら、人は、人を観ることをやめません。初音ミクが歌い、アンドロイドがピアノを弾く今、自分らしく、生の表現を極めることが求められていますし、それが叶うなら、必ず道は拓けます。私は、真の個性的な芸術家こそ、最後まで生き残る稼業なのではないかと、楽観しています。


https://natalie.mu/music/gallery/news/285921/941704
https://natalie.mu/music/gallery/news/285921/941704

川島素晴(かわしま・もとはる)

 

作曲家、国立音楽大学准教授。音楽を演奏行為の結果物ととらえる「演じる音楽」という方法論を「笑いの構造」に基づき構成する作品で知られ、現代音楽における諸問題への斬新な取り組みを続けている。

 

ダルムシュタット夏季現代音楽講習会クラーニヒシュタイン音楽賞、芥川作曲賞、一柳慧コンテンポラリー賞など受賞多数。

 

8 月 9 日に東京で個展を開催予定。

 

川島素晴 works vol.2 by 神田佳子


"a feature on  Contemporary Music"

Project ︰ Tokyo College of Music High School Contemporary Music Club


On the importance of young musicians and contemporary music

■Why does music continue to exist in this world?


From olden days to the present ‘music’ has developed and evolved through the 

relationship between composers and performers in each era.


Music that was going on at that time was born on the spot and played.

Activated by being played music continued to exist.


However, young people today are losing interest in music that is currently in progress. It is because they have forgotten to ask themselves ;Why does music continue to exist in this world.’


■Contemporary music cannot be avoided in the classical music world.


It is often the case that you become an adult without listening to contemporary music when you are young, upset with the challenges of classical  music in international competitions and only notice the importance of contemporary music for the first time in adulthood.


However. This is almost as reckless as a person who has not listened to any classical music before becoming an adult, then becomes an adult and participates in an international competition.


■In order not to kill music 


Listen to contemporary music and play it. Talk about contemporary music. This time is the time when you can realize how important this is; you can be ‘a musician living in the present age’.


If you foster a little interest in contemporary music, it will not die as it is said that ‘music is born on the spot , communicated to the audience by the relationship between performers and composers living in that era, so thatmusic continues to live in music’.


Therefore, I sincerely hope that I will not forget that music continues to evolve and be as a result of this.


By the way, today id the day when Stravinsky’s ‘The Rite of Spring” was premiered just 105 years ago.


Today everyone says ‘it is a masterpiece among the greatest masterpieces.’ 

That being said, it is well known through the textbook that the premiere caused a big uproar, and the police were involved with major injuries sustained. 


I do not know the songs, goodness”  “I am not interested in new music” Do you have the same ideas as those people?  I would like to ask young people 

to study contemporary music of the same generation.


Interview with Motoharu Kawashima

- "What is the attraction of contemporary music?"

As an audience, first and foremost, you can experience the unknown world. You can deal with different music views by each composer, interpret it freely against the expression you were born, and deepen your thought yourself.


As a musician, in addition to the above, being able to collaborate with existing composers, that is, involved in creation at the site where music is born, is particularly important as a musician living the present age. If it penetrates into everyday life, inevitably, when heading to the classical repertoire, it is now possible to dialogue with the deceased composer on its own.

And as a composer, it is freed from all constraints and freely expresses itself. A journey to find and refine music that only you can do is a pleasure to live. 

- "Messages to Attached High School Students aspiring Musicians"

The future that artificial intelligence deprives every job from mankind is told in truth. Indeed, the future of musicians is never bright and most of the music work, including composers, will die. But that is the same in every industry, not only music.


In the future, the most important thing is to find expressions that only you can do. Even chess that AI has won in a long ago, people do not stop watching people. As Miku Hatsune sings and Android plays the piano, it is required that you express yourself and your expression as if you are yourself, and if that is fulfilled it will definitely open the way. I am optimistic that a truly unique artist is the work that survives to the end.


https://natalie.mu/music/gallery/news/285921/941704
https://natalie.mu/music/gallery/news/285921/941704

Motoharu Kawashima

 

Composer, Kunitachi College of Music, Associate Professor. Known as a work that composes "action music" based on "laughter structure" which regards music as a result of performance acts, he continues a novel approach to various problems in contemporary music.

 

Darmstadt International Summer Courses Kuranihistein Music Award, Akutagawa Composition Award, Toshi Ichiyanagi Contemporary Award and many others.