梅本佑利 Yuri Umemoto - Rêve étrange (2018) for flute and piano - Ⅰ. Prélude

夢ほど奇妙で美しいものは無い。


 夢は断片的にこの世界を映し出すが、時にこの世とは思えないような奇妙な世界を映し出す。


 僕が見たこの 2 つの奇妙な夢はそれぞれ現実と複雑に、神秘的に絡み合っているが、この巧みなフランス料理をしたのが僕ではないことは確かである。


Ⅰ. Prélude [前奏曲]


 夢の始まり。微かに聴こえてきたフルートのソロは実際に夢の中で聴いた音をできる限り再現し、再構築している。


次第にピアノと、交わり、段々と具体的な形へ変容し、空気を漂うよう奇妙な雰囲気が空間を包み込む。


 一回目の調性的な部分は、一時的に目覚め、睡魔に襲われ、再び眠ってしまう様子を表している


 二回目は「現実は目覚めていないが夢の中で起きる」という不思議な現象を表している。



梅本 佑利 作曲

フルートとピアノのための "奇妙な夢"(2018)

1.前奏曲


2018年3月12日、初演

東邦音楽大学


2018年3月15日、録音

東邦音楽大学


フルート︰高橋 璃桜、ピアノ︰川名 優馬




Music by Yuri Umemoto (Japan)

"Rêve étrange"for Flute and Piano (2018)

Ⅰ. Prélude


March 12, 2018,premiere

Toho College of Music


March 15, 2018,recording

Toho College of Music


Rio Takahashi, flute; Yuma Kawana, piano